収入の目安と稼ぐために必要な事

IPCでは、月収100万円をあえて狙わない、という事を教えています。

不安定な月収100万円を超えるビジネスよりも、自分に見あったお金を獲得することの方が重要です。

月収100万円を超えるビジネスと、それ以外のビジネスでは、根本となるビジネスモデルが違ってきます。

多くの人が、すべてのビジネスで、頑張れば月収100万円超える、などと思っていますが、それは違います。

月収100万円以上のものは、月収100万円以上のビジネスモデルなのです。
必死にがんばったら月収100万円になるわけではありません。

IPCでは、月収100万円などの、ハイリスクハイリターンではなく、普通の人が実現できる範囲で、ローリスクローリターン、または、ミドルリターンを狙います。

自分に見あった収入を固く狙うことが大事。
あえて、よく根途上で言われている『月収100万円が必ず稼げますよ』などには付き合わない、そう教えています。

過程を楽しむのではなく、結果だけを重要視する

IPCでは、過程はそれほど大事にしていません。

楽しいビジネスをしたいというより、つまらなく、地味でもいいから、きちんとお金になる事をします。

ですから、浮き沈み、アンチのクレーム、ほめられる、などの過程を楽しみながらやるのではなく、結果だけを重視します。

単調、単純、退屈に感じるかもしれません。
しかし、それでよいのです。
面白味はないが、合理的に確実に実利を狙うことが重要です。

働く時間は、一日4時間以内、週5日以内をお勧めしています。

IPCでは、地味で退屈で、あくびが出るような仕事を淡々と愛情をもって続けることが成功者になる秘訣である、と教えています。

仕事自体は、特に難しい事もなく、地味で退屈かもしれませんが、それ以外に余裕を持った生活を楽しんだり、趣味などの楽しみを見つけてください。

簡単、単調、地味で退屈な仕事を淡々と続けることが一番難しいのです。

独りが好きな人にはすごくありがたい働き方なのですが、みんなでワイワイと仕事をしたい、そう考えている方にとっては、独り在宅ネットビジネスは、とても苦しいものになります。
ですから、向き、不向きがあることをわかっておいてください。

 

 

投稿日:2019年5月4日 更新日:

Copyright© IPC , 2019 All Rights Reserved.